足つぼ(裏)マッサージの効果 について

足ツボマッサージの効果,リフレクソロジーとの関係,肩こりなどに効くツボ,ツボ(経穴)と経路,腰痛に有効なツボ,東洋医学の考え方,坐骨神経痛に効くツボ,消化器系に効くツボ,更年期障害,冷え性に有効なツボ,足つぼ(裏)マッサージの効果,最新情報を紹介しています。


最新記事

足ツボマッサージの効果

2.血液・リンパ液の循環を活発にする

足ツボマッサージは、血液やリンパ液などの体液の流れを良好にする効果がある。

筋肉をはじめとして、皮下の血液やリンパの流れをよくすることにより、身体のすみずみまで栄養物をゆきわたらせることができる。

痛みやだるさの原因となっている老廃物が取り除かれることによって細胞が活性化され、細胞本来の働きができるようになる。

例えば、足先が冷えている人にツボ刺激を与えると効果がある。

片足だけにツボ療法を行い、左右の皮膚温度をサーモグラフィーなどで比較してみるとツボ刺激を行った方の足先は皮膚温度が上昇していることがよくわかるのである。


3.神経や内分泌の働きを良くする

神経が高ぶっている時には機能を鎮静させて、神経の働きが低下しているときに逆に高めるように作用する。


4.内臓の働きを調整する(消化器・呼吸器・泌尿器系の器官を調節)

ツボ刺激をした部分だけでなくて特定の内臓にも刺激を与えることによって、正常に動くように調整する効果がある。

胃や小腸などの消化器の運動・分泌機能が低下している場合、ツボ刺激を行うとその機能を高めることができる。

一方、過剰な場合には、ツボ刺激によって抑制する効果があるのである。

つまり正常な状態にもどすように働く。

呼吸器や泌尿器についても換気量や利尿・排尿機能の調節を行う効果がある。


5.体調を整える。

人間の身体には、いつもベストの状態を保とうとする恒常性保持機能がある。

ツボ刺激などによって刺激を与えることにより、恒常性保持機能を高めて全身の調子を良くする効果がある。



リフレクソロジーとの関係

足の裏にある反射帯は、身体全体の臓器や組織と対応していてその症状をよくあらわすといわれる。

反射帯を押してみて痛いところがあれば、それはそれに対応する臓器や組織に何らかのトラブルがあるということである。

また、積極的に押す、もむ、突く、などの刺激を与えることでそのトラブルを改善することもできる。

これが「足の反射帯療法」であり、この考え方は、ツボ療法とよく似ている。


ただ、「足の反射帯療法」の効果は、現代の科学では、まだ完全に証明されたわけではない。

しかし、世界各国からは、リフレクソロジー(足の反射帯療法)によって、患者の治療および健康管理に著しい効果があらわれたという報告が寄せられているといわれている。

足ツボ療法と並んでリフレクソロジーも今後、期待される治療法といえる。


激安通販 安いお店

インフォメーション

関連サイト

RSSリーダーへ登録

足つぼ(裏)マッサージの効果をMy Yahoo!で購読する
足つぼ(裏)マッサージの効果をGoogle readerで購読する
足つぼ(裏)マッサージの効果をlivedoor Readerで購読する
足つぼ(裏)マッサージの効果をはてなRSSで購読する

パーツ